暮らしやすさがある住宅|後藤工務店に依頼すれば住みたい家を手に入れられる
つみき

後藤工務店に依頼すれば住みたい家を手に入れられる

暮らしやすさがある住宅

家の模型と間取り図

第二の住まい

首都圏との繋がりによる人口規模も相模原は県内3番目と多く、世帯数の減少幅は少ない特徴があります。自ずと、不動産の売買も多く、住むほどに性能や環境の良さを実感する住民は多いデータも報告されています。特に相模原では、ワンルームマンションなど、独身者向けの不動産が高評価で、例えば、ビジネスマンのウィークデー用のセカンドハウスの戸建ても提案されています。デザイナーや小事務所などの使われ方が想定されたり、趣味部屋としての用途も挙げられています。また、不動産の売買価格や建築費などでは、ローコストが戸建てでは主流となっています。逆に床や壁などに大理石などが配され、トランクルームやゲストルームなどの高級仕様も近年の独身者向けの特徴となっています。

コミュニティーがとれる

政令指令都市や広域交流などの一面を持つ相模原エリアの不動産では、開放廊下型の住まいが提案されています。主婦目線では、ちょっと立ち話をする場であったり、幼児目線では縄跳びなど、格好の遊び場ともなります。廊下を広くとった間取りや、小広場となる溜まりを作り出すことも魅力に繋がっています。特に相模原エリアでは、リビングアクセス型の住宅やマンションなどの不動産に着目しています。例えば、開放廊下に対し、2層式に住戸が面している空間も支持されています。一層部分よりも開放廊下が低い位置に設計されていることで、一層部分から覗けるものの、廊下側からは中が覗けない構造です。いわゆる、下町の路地空間が演出されており、人とのコミュニケーションをプライバシーを確保しながら図りたい、都会的な家主から支持されています。